痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
静脈内鎮静法
この頃紀尾井町プラザクリニックでは
静脈内鎮静法を利用しての治療がとても多くなっています。

静脈内鎮静法下では
気がついたら終わっていた・・・・・
とほっとされたお顔で治療室から患者様が出ていらっしゃいます
お薬に『健忘』効果があるのです。

まるで眠っているうちに治療がすべて終わってしまいます。
今までは歯医者さんが怖くて治療が出来なかった
などという方も静脈内鎮静法下での治療でしたら
ご負担なく治療をお受けいただけます。


インプラントのOPEでの
静脈内鎮静法だけでなく
虫歯治療で詰め物やかぶせ物、歯を抜いたりと
そういった治療のときも静脈内鎮静法を選択される方が
とても増えてきています。

麻酔の先生は
患者様への治療の一番初めを担当し
一番最後まで患者様のそばにいます。
患者様の痛みや不快感を一番にキャッチするのも
麻酔の先生です。
患者様の傍らにずっといて患者様の全体を
ずっとずっと細やかに見ています。
どんな小さな変化でもたちどころに気がつきます。

だから院長も安心して
治療を集中して行うことが出来ます。

歯医者さんが怖くて治療が出来ない
そんな方は一度ぜひご相談ください。

DSC_0223_1_convert_20170110152430.jpg

TENTEN

2018-07-07 10:51:12     未分類   -  
七夕
7月7日の夜。
願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉に吊るし、星に願い事をします。

その昔、日本の禊行事として、
『乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、
人々のけがれをはらう』
という神事がありました。

その乙女を『棚機女(たなばたつめ』、そして着物を織る織り機を『棚機(たなばた)』
といっていました。
時と共にこの行事がお盆を迎える準備として、『7月7日の夜』に行われることになりました。
ここから現在『七夕』を『たなばた』と当て字で読まれるようになったそうです。


『七夕』といえば『おりひめ』と『ひこぼし』。
七夕の夜は少しでも雨が降れば二人は会えないと言われるところもあれば、
雨でも二人は会える、雨はおりひめのうれし涙で、
雨の水によってけがれが洗われると伝わるところもあります。

明日の関東地方は雨上がりの曇り空。
雨が降る気配がある中、おりひめとひこぼしは明日を待ちわびていることと思います。



みなさま、お星さまに何をお願いしますか・・・?

TENTEN

2018-07-06 09:51:05     未分類   -  
舌のケア
あなたの舌は白く汚れていませんか?
舌に付着する白い汚れは、舌苔と呼び、舌の汚れに細菌が繁殖すると白くなります。
舌苔はたくさん付いてしまうと、臭いを発して口臭の原因になると言われています。
舌苔の付着具合は人によって個人差はありますが、
大抵舌の奥の方に付着することが多く、
自分で気づいていないこともあるようです。
汚れがひどいと味覚が正常に機能しなくなることもあるそうなので、
適切に舌をケアすることが大切でしょう。

では、どのように舌の汚れを処理したら良いのでしょうか。
既に舌のケアをしている人の中には、
歯磨き後に歯ブラシでゴシゴシと舌を磨いている人もいるのでは?
でもこれは間違ったケアの方法なんです。

ゴシゴシ磨くのは舌の粘膜を傷つけてしまう恐れがあったり、
汚れを舌に押し付けてしまったりと、力を入れても効果的に落とせないだけでなく、
やり過ぎると舌の表面にある舌乳頭というたくさんの突起が削れてしまい、
味覚にも影響を及ぼすと考えられています。

できれば舌専用の舌ブラシを使うことをおすすめします。
舌への負担も少なく、奥から手前に優しく動かして汚れを取ることができるため、
適切なケアが期待できるでしょう。
舌ブラシはたくさんの種類がありますので、自分にあったものを選びましょう。

舌磨きは、歯磨きと違って1日に何度もする必要はありません。
舌への負担を考え、1日に1回にしておきましょう。
汚れは寝ている時に付着しやすいため、朝の歯磨き時がおすすめです。
白い部分を全て取り除こうと何度も舌ブラシを動かさないように注意し、
汚れの多い人は毎日少しずつ落とせば良いでしょう。

適切な舌のケアで、しっかり口臭予防をしていきましょう。

TENTEN

2018-07-05 11:48:47     未分類   -  
犬のサマーカット
まるで「別犬」に見えちゃうワンちゃんたちのサマーカット。
最近では様々なバリエーションのカットが増え、
その個性的なスタイルを楽しんでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

見た目の可愛さから極端な短さを求める飼い主さんが多いのですが、
サマーカットの本来の意味でのスタイルは、
夏用に普段より短めにカットしたり、部分的にカットして
ある程度熱を逃がす事にあります。

サマーカットとしてバリカンで地肌が見えてしまうほど
限界まで刈り上げている「丸刈り」はメリットもありますが、
毛が短すぎる場合デメリットもあることを知っておく必要があります。

犬の皮膚はとても敏感で、少しの刺激で傷がついてしまいます。
皮膚が見えるほど刈り込んでしまうと、
被毛で守られるはずの皮膚がむき出しになってしまい危険も高くなります。

また、直射日光が皮膚に直接あたる事で
逆に毛があるときよりも犬は暑さを感じていることもあるようです。
また、短くなった箇所は虫刺されにも注意が必要です。

短い毛、長い毛、それぞれにメリット、デメリットがありますが、
ワンちゃんが快適に夏を過ごせるように
飼い主さんも適度にカットをしてください☆

ウチは来週♪

image1_convert_20161028105548_20170130092037954.jpg

TENTEN

2018-07-03 14:56:52     未分類   -  
当院のお助け隊
6月に梅雨明けして快晴続きの毎日です。
今日は都心でも33℃を超えるそうです。

皆様、熱中症には十分ご注意くださいませ。

こんなに暑いと食欲がなくなったり
エアコンのきいた部屋から出なくなったり。。。

日焼けも気になるトコロですが
こういった体調の降下が心配ですよね。

そんな時は当院で行っております
ニンニク注射やビタミン点滴。

頼れるものは頼ってしまいましょう。頼れるヤツに。

もし、日焼けしちゃったなんて方にも
ビタミンC点滴は、リカバリーの力強いお助けとなります。

どうぞ悩む前に足をお運びくださいませ。

あっという間に上半期も終わろうとしています。
1年過ぎるスピードが。。。
早すぎるなんてモンじゃない!!

TENTEN

2018-07-02 16:09:57     未分類   -