FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
インフルエンザ
もはや冬の風物詩とも言えるインフルエンザですが
意外と潜伏期間については無頓着なのではないでしょうか。
罹ってしまうと辛い症状がたくさん現れるので、
予防法なども併せて紹介したいと思います。

インフルエンザの潜伏期間ってご存知ですか?
だいたいのイメージはある方も多いと思いますが、
正確に何日間と答えられる方は少ないのではないでしょうか。

一般的にインフルエンザの潜伏期間は
24時間から5日間であるとされています。
医師によっては24時間から72時間と説明している方もいらっしゃいます。
また、実際にインフルエンザを発症してから5日間はウイルスの排出が続けられ
その間は感染を拡大してしまうリスクがあるため注意が必要です。


インフルエンザの症状にはどのようなものがあるの?

・発熱

インフルエンザの最大の特徴は、
通常の風邪とは違って高熱を発するということです。
それも、「なんとなくけだるいなあ」なんて思っている暇もなく、
あっという間に38.5度を超えるような高熱が出る傾向があります。

・関節痛

インフルエンザの何が辛いかというと、
高熱にともなって関節痛が現れることではないでしょうか。

いわゆる「体の節々が痛い」というやつですね。
普段よく使っている関節に特に強い痛みが出る傾向があるようです。

・粘膜の炎症

インフルエンザも見方によっては風邪(がひどくなったもの)のようなものなので、
上気道に炎症が起きることによって鼻やのどといった粘膜が腫れることにより、
喉の痛みや咳、くしゃみや鼻水といった症状が現れます。


インフルエンザも上気道に起こる感染症なので、
うがいと手洗いほど大事なことはありません。
あとは、健康状態に気をつけることです。

周りにインフルエンザの人がたくさんいても
自分が健康でさえあればそうそう感染するものではありません。
外出の際にはマスクをすることも忘れずに。

インフルエンザを予防するには手洗い・うがいももちろん大事ですが、
体を健康に保っておくことも大事です。

そもそも病気とは生活習慣の結果なので、
普段から睡眠、栄養をしっかり取っておくことが肝心ということですね。

当院でもインフルエンザワクチン始まっております。

ご希望の方は是非お問い合わせくださいませ。

TENTEN

2018-10-22 14:04:20     未分類   -