FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
肉!
アラフォーとか
アラフィフにとって
肉のとりすぎはメタボリック症候群につながるという印象が強いと思います。
けれども高齢者だと事情が変わります。

BMI(体格指数)が20以下のやせている高齢者は
早く亡くなる傾向にあるというのです。

老化に伴って食が細くなるうえに、栄養の吸収効率が下がります。
野菜ばかり食べていたら、栄養不足になってしまうからです。
特にたんぱく質が不足する場合が多いといいます。

良質のたんぱく質を効率よく食べるために
ぜひお肉を!というわけです。

高齢になると吸収力も落ちるので食べ過ぎにあまり注意することより
もりもり食べるくらいの気持ちで取り入れるのがいいそうです。

肉は魚介類とともに必須アミノ酸をバランスよく含んでおり
植物性食品より含有量が多いのです。

人間の筋肉や内臓などを作るたんぱく質は
20種類のアミノ酸からできています。
トリプトファンやリジン、バリン、メチオニンなど
9種類の「必須アミノ酸」は体内では合成できず
食事で補うしかありません。

肉に含まれるアミノ酸は加熱調理しても壊れにくく、
体内で吸収される効率も97%と高く、植物性の84%を上回ります。

牛肉の赤身やレバーは貧血予防にも役立ちます。
肉に含まれる鉄分は植物性のものよりも
2から5倍吸収率が高いそうです。

脂肪に含まれるコレステロールも
適量なら血管を丈夫にし
脳卒中を防止する効果があるとの報告も出ています。

さて!あなたはお肉をモリモリ食べることのできるように
歯のメンテナンスはばっちりですか?

おいしくなんでも食べたいですよね・・・・

TENTEN

2018-09-01 12:08:39     未分類   -