FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
睡眠の質を上げる効果的な対策
寝ても寝ても疲れが取れない人の原因はいくつもあります。
まず考えられるのが睡眠の質の悪さです。
体の健康状態を維持する自律神経は、活動や緊張、
ストレスなどの主に日中に働く「交感神経」と、
休息やリラックスなどの主に就寝中に働く
「副交感神経」のバランスが交互に働くことで
健康でいられると考えられています。

そのため交感神経と副交感神経のバランスが良い人は、
夜の睡眠でしっかりと回復することができて、
元気な状態が続きます。
ですが精神的・肉体的なストレスが多いと
交感神経の働きが強くなってしまい
副交感神経が働きにくくなってしまいます。

つまり、ストレスの多い生活をしていると交感神経ばかり働いてしまい、
睡眠中に体が休息モードに切り替わらないため、
眠りが浅かったり、夜中に起きてしまったり、
眠りの質が悪くなりやすいというわけです。

また、食生活が乱れていると栄養不足や胃腸への負担から、
疲れが取れないことがあります。ビタミンB群、鉄分のほか、
ミネラルや水分不足も眠りが浅い原因になると言われています。

最も良い方法は、ストレスを解消して
交感神経と副交感神経のバランスを整えることです。
そのために重要なのは、普段の生活のなかで副交感神経を働かせること。
たとえばお風呂に浸かってリラックスしたり、
適度な運動をしたりと、できるだけリラックスした状態を作って
寝る準備をすると効果的です。

またマッサージやストレッチでなどで、
凝り固まった筋肉をほぐすのも副交感神経を働かせるには有効な手です。
筋肉が固まっていると血行が悪くなり、
質の悪い睡眠になってしまいがちです。
マッサージで心身ともにリラックスすると眠りの質はグッと良くなるでしょう。

早速今夜から実践して、快適な目覚めを手に入れましょう!

関東は台風が過ぎ去って一安心。
暑さはまだまだ続きます。
油断は禁物です。

TENTEN

2018-08-09 14:09:08     未分類   -