FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
夏バテと免疫
今年は酷暑も酷暑。
もうすでに夏バテでダウンしているという方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな「夏バテ」と「免疫」の関係に注目してみました。

・まずは知っておきたい基礎知識

日本は梅雨の時期に、夏が始まり猛暑になります。
そんな高温・多湿の気候が体力を消耗させ、
疲労や倦怠感を感じやすくなり、
食欲不振や睡眠不足など体が不調を訴えやすくなります。

これらに伴う体力低下や思考・判断力の鈍化などの
自律神経が乱れた状態のことを「夏バテ」と言います。

・免疫力の低下と夏バテとの関係性

冷房の効いた部屋から外へ出たとき、
温度差が激しいと体温調節が上手く出来ず、
免疫力の低下に繋がり「夏バテ」を引き起こします。
これは夏特有の原因です。
家にいるときは涼しい部屋から外へ出ることを考えた冷房の設定温度を!
お出掛け先では上着などで調整しましょう。

・発汗×冷たいものによる胃の機能低下

汗をかくのは体温調整をする上で必要なことですが
血管の拡張が原因で胃の血流量が減少し、胃の機能が低下します。
その状態で冷たいものを摂ると、胃液が薄まって食欲不振などの「夏バテ」に。
また免疫力も弱まれば、消化・殺菌力が低下して
下痢や食中毒を引き起こすこともあります。
発汗時の水分補給は、常温にして胃を刺激しないようにしましょう。

・ビタミンの不足

うなぎや豚肉、レバーなどに多く含まれるビタミンB群。
これが不足すると疲労物質が蓄積し、「夏バテ」してしまい、
だるさを感じることもあります。
また、体内の老廃物も蓄積して免疫力が低下してしまうのです。
不足しがちなビタミン。夏は意識をして摂取しましょう。

ワタクシもとうとうダウン。。。

TENTEN

2018-07-24 15:45:28     未分類   -