FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
夏の暑さからお肌を守る!
連日の猛暑、皆様体調は崩されておりませんか。
こうも暑いと日差しも強く、日焼けも気になるところ。
そこで夏の暑さからお肌を守る大切なコトをご紹介します☆

1.常に体全体の保湿をしておく
お肌の表面だけではなく内臓にも保湿が必要です。
水分補給なしでは、肌は乾燥してカサカサになり干からび、
デリケートになっていくので、日光への抵抗力を失っていきます。
日中、水をしっかり飲んで内臓の保湿もしましょう。
フルーツや野菜にも水分がたくさん含まれているので
多めに摂ると美味しくて保湿にもなります!

2.肌をクールダウンさせる
日光の下では体温がどんどん上昇して
肌にとって大きなストレスとなります。
冷たい水で肌をクールダウンする習慣を持つようにしましょう。
ビーチで過ごす時も渇いた体よりも濡れた体の方が良いので、
時々水の中に入るようにしましょう。

3.保湿効果のある日焼け止めを使おう
朝早くの外出時、夕方で少し日光が弱まった時は
ビタミンDを作るために日焼け止めクリームなしでもいいかもしれません。
でもそれ以外の時間はやはり日焼け止めクリームを使った方が良いです。
ここでも保湿効果のある日焼け止めクリームがおすめです。
水に強いウォータープルーフなら
ビーチやプールでも塗り直しがいらないので便利です。

4.日光を浴びた後はしっかり保湿
外出をして日光をたくさん浴びたと自覚のある日は
肌の奥までしっかりと保湿をしましょう。
すぐ保湿をすることで、肌のダメージを少なくして補修できます。
寝る前に保湿成分の高いクリームをしっかりとマッサージしながら塗りましょう。

5.古い皮膚、角質を取り除く
夏は特に顔や体の古い角質や皮膚を落とすクリームを使うことも大切です。
こうすることで新しい皮膚に酸素と栄養の届き易くなり
肌の再生能を促進させることができます。


基本ではありますが
やはり日焼けの準備とその後のできるだけ早いケアが重要となります。
また、特に忘れがちなのが、内面からの保湿です。
正しい栄養を摂取することは健康にもなり、
さらに「美しい肌」にもつながります。
抗酸化作用が豊富なフルーツや野菜を食べることは、
美しい肌を保つことを約束してくれます。
外側だけのケアだけでなく、内面も意識することで
暑い夏でも美しい肌をキープしましょう!

飲む日焼け止め、『ヘリオケア』も忘れずに。。。

heriokea_20170526111739c8e.png

TENTEN

2018-07-20 16:43:56     未分類   -