FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
歯や顎が痛い原因
歯やあごの痛みがある場合、
その原因のひとつに「歯の食いしばり」があります。
無意識に歯を食いしばることによって、
体のいろいろな部分に不調をきたす可能性があるようです。

作業に集中しすぎたり精神的に緊張すると、
自律神経のひとつの「交感神経」が過剰にはたらくことで
噛む筋肉が緊張し、歯を食いしばってしまいます。

日常の中では、パソコン作業、ゲーム、車の運転などが原因になりやすいです。

食いしばりは、大きく3つの不調をもたらします。

1.歯への影響
歯は人体の中で最も固い組織ですがそれでも食いしばりが続くと、
擦り切れたり割れたりすることがあります。
入れ歯・差し歯・被せものが取れたり壊れたりすることもあります。

2.歯茎への影響
歯を支える歯茎に負担がかかり、歯周病や知覚過敏になります。

3.あごへの影響
あごの骨や関節(耳の前にあります)にも負担がかかり、
顎関節症(がくかんせつしょう)になり、痛んだり、口を大きく開けられなくなったり、
開ける時に「コキッ」と音が鳴ったりするようになります。
顎関節症は、全身のゆがみにつながり、肩こりや姿勢の悪さ、頭痛や疲れにつながります。

まずは意識的に対策を行いましょう。

【食いしばり対策の例】
・作業中には、意識して上下の歯を離す
・定期的に深呼吸やストレッチをする
・マウスピースをつける(歯科で作ることができます。)

食いしばらないよう意識するだけで予防としてはかなり有効です。
しかし就寝時に歯ぎしり癖がある場合は、意識して止められるものではありません。
歯が擦り減ってしまう前に歯科・口腔外科で相談してみませんか。

TENTEN

2018-06-07 13:24:10     未分類   -