FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
生理前にシミができやすい原因
生理前から生理中にかけて
「シミ」が濃くなったと感じることはありませんか?
この時期はホルモンバランスの関係で
肌が敏感になり肌トラブルを起こしやすい時期です。

ニキビができたり肌荒れしやすい、
というのは耳にしたことがあると思いますが
実は「シミ」が出来やすい時期でもあるんです!

私たち女性の身体は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と
「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンによって
コントロールされています。

月経周期の一定リズムでこの2つの女性ホルモンの分泌量が
大きく変化するのですが、
それに合わせて女性の身体・心の状態も大きく変化します。

「エストロゲン」が多く分泌されている時期は
お肌の調子も良いことが多いですが、
問題となるのが「プロゲステロン」が多く分泌される生理前。

「プロゲステロン」には、メラニンを生成する細胞である
「メラノサイト」を活性化させる働きがある為、
生理前はメラニンの生成が活発になるというわけなんです。
また、美肌ホルモンとも呼ばれる
「エストロゲン」の分泌が減ってしまう時期なので、
肌が乾燥しやすく肌の透明感を失い、
くすんで見えることも原因の一つと思われます。

女性特有のホルモンバランスの変化は、
自分でコントロールすることは出来ません。
しかしホルモン周期に合わせて対策を行うことは出来ます!

◎いつも以上にUVケアを念入りに
◎敏感肌用美白化粧品を使う
◎新しいコスメを試さない
◎しっかり睡眠をとる

女性ホルモンの変化によって左右される女性の身体。
デリケートな生理前は肌への刺激を避け、
UVケアをしっかり行うことで
シミを増やさない対策を行いましょう!

TENTEN

2018-05-12 11:21:11     未分類   -