痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
花粉症に泣かされない食生活
明後日から2月です!
「まだ冬だから、花粉なんて先の話」。
そう思っている方は多いですよね。
しかし油断は禁物。花粉は2月中旬から飛散し始めます。
毎年ツライ思いをしている方にとっては、悩ましい季節の到来です。

そこで今回は今から取り入れたい“花粉症の症状を和らげる食べ物”
を4つご紹介したいと思います。

■1:青魚

青魚に含まれるEPAは花粉症の炎症物質を抑える働きを持ちます。
さらに、炎症を抑制するビオチンの効果を高めるという性質も持つため、
花粉症でお悩みの方にオススメ。
イワシやサバ、サンマなどの青魚を意識して食べるようにしましょう。

■2:シソ

シソに含まれる不飽和脂肪酸の一種・α-リノレン酸は
炎症物質の生成を抑制するといわれています。
生のシソの葉を食べるのも良いのですが、
ジュースやサプリメントで取り入れるのも良いでしょう。

■3:発酵食品

納豆や味噌、醤油などの発酵食品には
腸内環境を整える働きがあります。
腸は免疫細胞が集まる場所。
腸内環境が良いと、免疫力が高まり
アレルギー症状を抑えることができるので積極的に取り入れましょう。
乳酸菌を含むヨーグルトもオススメです。

■4:ルイボスティー

体内に活性酸素が増えると免疫力が低下し、
花粉症やアレルギー症状が悪化しやすくなります。
そんな活性酸素を除去してくれるのが、高い抗酸化力を持つルイボスティー。
カフェインを含まないので、就寝前でも安心して飲めます。

上記の食べ物だけに偏らず
栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけてくださいね。

そろそろ私もキテるかも・・・(-_-;)

TENTEN

2018-01-30 15:05:15     未分類   -  
大切な歯
歯科における技術の進歩
材料の革命

それはそれは目を見張るものがあります。
それでも自然の歯に勝るものはありません。

歯は削ると元には戻りません。
なるべく削らず歯が長持ちする治療を目指すのは
当たり前の事。

ただ、痛くなるには痛くなる理由があります。
それは、かみ合わせだったり、ストレスによるくいしばりだったり
その人が暮らしてきた生活環境が
大きく影響を与えるのです。

痛いところだけ直しても
根本的に原因を追究しなければ
本当の治療にはならないと考えます。
日常生活の問題点まで考え、
歯を治療するだけでなく
もうこれ以上治療しなくてもよいお口の環境づくり
を患者様と一緒に目指していきたいと思います。

TENTEN

2018-01-29 14:40:39     未分類   -  
アラフォーダイエットに「赤・黄・緑」の3色食材
お正月太りを引きずり、なんとなく体の重さが気になる
冬から春にかけての時期。
「30代までは食べても太らない体質だったのに、
40歳を過ぎてからじわじわと太り始めた」
「以前は体重が2~3kg増えてもすぐに戻っていたのに、
今は戻らなくなった」……こんな会話、聞き覚えがある方も多いのでは?

これは決して太った人の言い訳はありません。
誰にでも起こる「老化」現象です。
でも、決して諦めることはありません。
残念ながら、年を取ることは止められませんが、
毎日の食事で老化を防ぎ、体を若く維持していくことはできます!

それは、「赤・黄・緑」の3色の食材を選ぶこと。
難しい計算は不要なので、
目で見て直感的にわかる「3つの色」に注目していきましょう。

■「赤」(アスタキサンチン、リコピン、カロテン、ポリフェノールなど)……サーモン、えび、いくら、トマト、にんじん
■「黄」(ビタミンC、ビタミンE)……レモン、グレープフルーツ、大豆、ナッツ類
■「緑」(ベータカロテン、葉酸、フィトケミカル)……ほうれん草、ブロッコリー、アボカド、ニラ

難しい栄養計算や知識がなくても、
「赤・黄・緑」の色を揃えればオッケーと考えると気楽ですよね。
目にも鮮やかな食卓の彩りは、
食べる楽しみや満足感を与えてくれます。
これもダイエットにはとても重要!

お正月を過ぎてもスリムな体が戻ってこない方は
是非おためしください。

TENTEN

2018-01-27 14:56:00     未分類   -  
くいしばり
朝起きた時に 頬のこわばりや顎の痛み
肩こり 頭痛など感じたことはありませんか?
あとは、下のふちに歯型がついていたり。

それは夜寝ているときに歯ぎしり くいしばりをしているのかも。
くいしばりは精神的な緊張や疲労などから起きるといわれていますが
かみ合わせの悪さなどからも起きることもあり
様々な因子が絡み合っているのです。

歯ぎしりくいしばりかも
と思ったら早めの受診をお勧めします。
マウスピースを夜寝るときに装着するのも
とても有効的です。
すっきりと目覚められない
なんだか頭痛がする
肩こりがひどい

などの場合は一度かみ合わせをチェックしてみてはいかがでしょうか
日々寒さを増す紀尾井町です・・。

TENTEN

2018-01-26 15:40:05     未分類   -  
顕微鏡検査
世界で最も患者数が多いとも言われる感染症。

それは「歯周病」

近年の研究で全身に影響を及ぼすことが分かってきました。

特に糖尿病とは密接な関係があり、歯周病がある人は
症状が良くならないばかりか悪化してしまう事も

さらに歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、
心臓病や脳梗塞のリスクを高めるという研究報告も
相次いでいます。

その細菌を顕微鏡で観察すると、粒状の物やヘビの
ようにクネクネ動くものなど様々なタイプが無数に
うごめいていました。

紀尾井町プラザクリニックは
歯周病菌の検査に顕微鏡検査を取り入れています。

皆様のお口の中にどんな歯周病菌がどれほどいるのかを検査するのは
歯周病のリスクがどれほどあるのかを確認するのにはとても大切な検査。

お口の中の細菌を見るのは勇気がいるかもしれません。

でも、これからやっつけてやるぞという
モチベーションを高めるのにはとても有効なツールです。

みなさま一度ご自分のお口の中を徹底的に検査してみてはいかがでしょうか。

TENTEN

2018-01-25 11:02:03     未分類   -  
極上
溢れんばかりの情報が町に溢れ
何でも知った気になってしまう今の時代。
そして、ふとした瞬間も携帯が鳴り響き
気づけばツイッターやフェイスブックを眺め
誰かの動向が気になって仕方が無い。

いいね!の数で人の豊かさは測れない。
統計によると、SNSの友達の多い人ほど
実生活でさみしさを感じる度合いが多いとかなんだとか。

すき間すき間が情報でどんどん満たされていく。
自分で制御しないと遠いかなたまで
どこまでも流されていってしまう。

どこまでが自分の時間なのか。
それは、何物でもない自分自身で決めること。
そんなあらゆるシゲキに翻弄される
あなたの憩いの時間が
まさか、歯医者にあるとは思いもよらないに違いない。

痛いだろう 苦しいだろうは昔の話。
定期的な歯のクリーニングはまるでサロンに来ているかのよう
お肌のリセットのエステサロンの極上の時間はご存知だろうが
それと匹敵するくらいの快適さ。
じっくりと時間をかけ
隅々までお口の中をきれいにして
身も心もリフレッシュ。

そして、輝く笑顔はあなたのものに。

これからの道
笑顔のいいね!の数を決めるのはあなた自身。

確かな技術で皆様をお待ちしております。

DSC_1454_1_convert_20170516123705.jpg

TENTEN

2018-01-23 15:41:20     未分類   -  
風邪のぶり返し
せっかく風邪が治ってきたというのに
また風邪を引いてしまったという経験はありませんか?
風邪をぶり返してしまった時
体内ではどんなことが起こっているのでしょうか?

■体の抵抗力や免疫の低下によって風邪をぶり返してしまう

一度ひいた風邪がせっかく治ってきたころに
再び同じ症状を繰り返してしまうことがあります。
しかしこれは、同じ風邪ではありません。
ウイルスに感染すると、
のどや気管の粘膜は大きなダメージを受けます。
体内では侵入したウイルスを殺菌していきますが
このウイルスとの戦いが原因で体内の免疫力が落ちてしまっています。
そこに新たなウイルスが侵入することで、風邪をぶり返してしまうのです。

風邪が治りかけている時にこそ
外部のウイルスをシャットアウトすることが重要なのです。


■風邪のぶり返しへの対処法

風邪を引くと、体内の免疫力が低下してしまうため、
普段以上にウイルスの侵入を防ぐことが重要です。
そのために下記4つのことを心がけましょう。

(1)ビタミンC を多く摂取する

ビタミンCは体内の抵抗力を高める白血球の働きを活性化させる効果があります。
ビタミンCの含有量が多いブロッコリーやキャベツなどの野菜、
グレープフルーツやイチゴなどの果物を積極的に食べましょう。

(2)人混みをなるべく避ける

特に冬場は人が多く集まる場所に風邪のウイルスが蔓延します。
体内の免疫力が弱っている時は
そういった場所に近づかないようにしましょう。

(3)マスクを装着し、うがいと手洗いをこまめに行う

風邪のウイルスは口や鼻から侵入していきます。
そこで、外出する際には必ずマスクを装着し、
日常の中でもこまめにうがいや手洗いを行うように心がけましょう。

(4)睡眠時間の確保

寝ている時に体内の免疫力がどんどん高まっていきます。
就寝時には喉の乾燥を防ぎ、睡眠を十分とるようにしましょう。

東京は午後から雪予報。
降雪量が5㎝から10㎝に引き上げられました。
皆様、お帰りの際は十分ご注意を・・・

TENTEN

2018-01-22 12:17:34     未分類   -  
『キウイ』の美容効果
ダイエットに励む女性は多いことと思います。
でも食べないダイエットでは、
せっかく痩せてもボディラインが引き締まらなかったり、
疲れやすくなったり、たるみが気になったりと、
更なる悩みを抱えることに…。
健康的でメリハリのあるボディラインを目指すなら、
体脂肪を燃焼させ、筋力を高めるための栄養素をしっかり摂取する必要があります。
そこでオススメなのがより手軽に、
豊富な栄養素を摂取できる「キウイ」。

yjimage_201801201044131d7.jpg

キウイはビタミン10種、ミネラル5種、食物繊維、
たんぱく質の栄養素含有量を比較すると、
りんごの約6倍。
100gあたり50~60kcalと低カロリーなのに、
豊富な栄養素を摂取することができ、健康効果も高いのだとか。

代謝を高めるビタミン・ミネラルの働きをスムーズにし、
ダイエットを効率よく進めるためには、
食物繊維で腸内環境を整えて
体内に栄養素をしっかりと行き渡らせることが必要。
食物繊維を含む栄養素が豊富なキウイなら
健康効果を高めることと
ダイエットに役立つ栄養素を補給することが同時にできるのです。
まさにフルーツ界の「スーパーフード」ですね。♪

TENTEN

2018-01-20 10:41:47     未分類   -  
おしゃれ
歯に対してコンプレックスを持っているのに
オーラルケアは後回しで
ファッションには妥協はしない
という方は多いはず。

笑うときには手で口を隠すのに
自信のあるファッションで堂々と闊歩。
本当にそれはおしゃれですか?

歯は思ったより見た目にとても影響力があります。
笑顔に自信が持てないと
せっかくのファッションもだいなしです。

お気に入りのファッションを求めて素敵なお店へいって
いらっしゃいませと
とびきりの笑顔でおもてなしを受けても
その歯が虫歯だったり
歯並びが悪かったりしたらどうでしょう。

一部の隙もないファッションと思っていても
それでは本当の輝きは生まれません。
おしゃれは
着ることや 住むことだけでなく
食べることもその要素の一つ。
おいしく食べるためにはきれいな歯は必要不可欠。

衣食住すべてがおしゃれには重要。
どれがかけてもだめ。・・・

TENTEN

2018-01-19 12:32:31     未分類   -  
乾燥対策
昨日今日と気温は高めでございますが、
また明日から冷え込みが厳しくなるそうです。
そんな中、皆様のお肌のお手入れぬかりはない!でしょうか・・?

お化粧のノリも悪く、粉っぽい状態。。。。
カサカサお肌を案じてファンデーションを変えてみたりするが
一向に改善なし。

こんな時は、ピーリングでお肌の角質を取り除き水分が浸透しやすい
お肌を心がける。乾燥で敏感肌になっているので多少のピリピリ感は
ありますが効果的です。

または、即効的治療として
紀尾井町プラザクリニックでも人気のメニュー、
そしてスタッフの間でも不動の位置づけである
「プラセンタ注射(ラエンネック)」

プラセンタ注射。カサカサした砂漠肌は一挙に即効的に改善されます。
いまの時期はいつものケアにプラスしてお肌のケアをおすすめします。

プラセンタはお肌の保湿効果のほかに様々な効果を発揮します。
プラセンタのもつ幅広い美容効果は、アンチエイジングの強い味方です。

注射は苦手!!
という方には内服薬 ピュアプラセンタ 2錠で注射1Aの効果があります。

1A(ラエンネック)  3240円

お試しください☆

TENTEN

2018-01-18 14:29:48     未分類   -  
インフルエンザ&冷え性に効果的な食べ物
免疫力が下がりがちな寒い冬には
風邪やインフルエンザにかかってしまうリスクが上昇します。
体が冷えたままではウイルスと戦えないため、
冷え性を改善することも病気予防のひとつ。
食べるだけで免疫力を上げてくれる食材をご紹介しましょう。

冬場に猛威をふるうインフルエンザ予防には、
免疫細胞の働きを高めてくれる
リポポサッカライド(LPS)を含む食材がおすすめ。
LPSは土の中にいる微生物の成分で、
根菜であるレンコンにはサトイモやニンジンの6倍以上のLPSが含まれています。
レンコンのねばり気のもとであるムチンには、
ウイルスや花粉が粘膜に侵入するのを防いでくれる効果が。
2つの成分を含んだレンコンは
インフルエンザ予防に最も効果的な食材と言えますね。


冬の大敵・冷え性に効果的なのは、
血管を広げるナイアシンと血液をサラサラにする
β-グルカンを豊富に含んだまいたけ。
脂肪を分解してくれる効果があるため、
ダイエットにも人気がある食材です。

発酵食品であるみそには、体温を上げてくれる効果が。
みそ汁の具としてまいたけをたっぷり使うだけでも
冷え性を改善できます。
体を温め免疫力を上げるために、まいたけを使ったお料理に
是非挑戦してみてください!

TENTEN

2018-01-16 14:24:27     未分類   -  
技工士
むし歯や歯周病などによって
歯の一部や歯そのものを失ってしまった患者さんに対して
歯科医は人工的な修復物によって失われた形と機能を回復します。
歯の本来の働きや
審美的な外観を回復して初めて患者さんの満足が得られます。

患者様は自分の歯に対してとても繊細なご要望があります。
ただ、人のお口の中は千差万別。
だれだれのような歯の形にして欲しい
といってもかみ合わせなど総合的に判断して
技工物を作っていかなくてはならないので
患者様の思いと歯科医としての深い知識と技量との
融合がとても大切です。

そして患者さんの満足が得られなければ
治療が終了したことにはなりませんから
歯科医の技術だけでは治療は終わりません。
そこでその技工物を製作する歯科技工士の果たす役割が大変重要になってきます。
その技術により、治療の結果に大きな差になって表れてくるからです。
技工士の技量は患者様の満足の度合いに
大きく関わっているのです。

ひとりひとり異なっている形や色、かみ合わせ
それらを総合的に判断し、
その上で審美的で自然な色調の歯に回復させたり
良く適合した機能的な義歯を作るには
高度な歯科技工士としての訓練が必要です。

今は様々な材料の技工物が開発され
一つ一つに精通し
様々な要求に対しての高レベルで対応できる必要があり
歯科技工士に対する期待と要求が一段と大きくなってきています。

紀尾井町プラザクリニックは
技工士とも密に打ち合わせをし
立会いを含めミーティングを重ね
患者様のご満足いただける補綴物を作成します。

ただ、最後にもうひとつご満足頂く治療に必要なもの。
最高の技術だけでは足りません。
やはり一番大切なのが
患者様とのコミュニケーション。

紀尾井町プラザクリニックは
患者様と心を寄り添い
最後までご満足いただける治療を常に一番大切に考えています。

TENTEN

2018-01-15 14:25:37     未分類   -  
インプラント
インプラントすればまるで自分の歯のように噛める!
それは本当のことです。
でも
インプラントはあくまで歯の代用品。
もともと歯を失った根本的原因が何であるか
しっかり把握しておかなければ
インプラントを入れたとしてもまた同じことを繰り返す可能性があるのです。

なぜ歯を失うまで至ったのか
それに対して患者様が改善できることはなんなのか。
それを確実に理解していただくのも治療の一環。
そして次のステップにインプラント治療があります。
治療がすべて終わって
解放感いっぱいでも
インプラント治療はそこからがスタートといっても過言ではありません。

毎日のお手入れと定期的なプロのクリーニングなしに
インプラントを長持ちさせるのは不可能です。
歯を失う前と同じことをやっていたのでは
もう一度インプラントを失うことになってしまいます。

インプラントは虫歯にならないけれど
インプラント周囲炎になってしまうと
インプラントが脱落してしまうという不幸も。

歯のお手入れに終わりはありません。

ぜひ大切な歯 
第二の歯 インプラント

長持ちさせましょう・・・・・お手伝いいたします。

TENTEN

2018-01-13 14:43:44     未分類   -  
低気温と肌の関係
今朝はこの冬一番の寒さを記録したようです。
皆様体調崩されていませんか?

冬といえば「肌の乾燥」が気になる季節。
けれど、意外と盲点になりがちなのが気温との関係! 
実は、外気温が下がると陥る「低体温」が
肌の乾燥を促進させているというのです。


では、なぜ体温が下がると肌の乾燥が進みやすくなるのでしょうか。
それは、皮膚の代謝が下がってしまうから。

体温が下がると、皮膚に備わる、皮脂を分泌する皮脂腺や
汗を出す汗腺の機能が低下してしまいます。
すると皮脂膜と呼ばれる皮脂と汗で構成される
天然の層が形成されにくくなります。
皮脂膜が不足し、バリア機能の低下した肌は
当然外部刺激に弱くなり、肌の水分も失われていってしまうのです。

さらに、全身が冷えてしまうと
全身の代謝が鈍ってしまうことから、水分や老廃物が排出されにくくなり、
肌荒れの原因にも!
よって、低体温は肌にとってはマイナスというわけです。

低体温を避けるには
冬でもぬくぬく部屋の中で温まってばかりおらず、
運動やストレッチをしてしっかり体を動かすのがポイント。
また、ご飯をしっかり食べてきちんと栄養をとることも
低体温を防ぐコツなんです。

冬はできるだけ体を冷やさないように、
冷たい食べ物やドリンクには十分気を付けて過ごし
肌のツヤ・うるおいをキープしましょう!

TENTEN

2018-01-12 14:17:14     未分類   -  
噛むこと
米国アイオワ州立大学の研究チームの調査によると
噛む回数を増やすと食事量を約15%も減らすことができるという
研究結果が出たそうです。
しかも摂取量が減っても食後の食欲には変化がなかったということ。

それは、よくかむことによって 満腹感が得られて
あとから食べ過ぎるということがなかったということ。

よく噛むメリットはこれだけではありません。

よく噛んで食べる人は高齢になっても認知機能が保たれて
自立した生活を送りやすいことが明らかになっています。
よく噛むと脳の前頭葉と側頭葉が活性化されますが
そこは記憶や学習 感情抑制などをつかさどる部位。
そこを鍛えることはいくつになっても大事です。

ゆっくり噛んで食べる習慣がない人は
これからでも習慣化ができるようにゆっくり噛む癖をつけましょう。
そのためには
大事にしなければいけないのは 歯
まずは歯の徹底的なチェックとゆっくり噛む習慣で
ダイエットとイキイキライフ。

TENTEN

2018-01-11 12:16:42     未分類   -  
明けました
新年明けましておめでとうございます。

今年も紀尾井町プラザクリニックは
皆様にご満足いただける施術を目指し
院長と共にスタッフ一同精進してまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

登る朝日は同じだよと思いつつも
やはり1日の朝日を見ると
心ときめきます。

とても穏やかなお正月で
いつまでも昇る朝日を見ていました。
明るい方を向くというのはとても正しいことのような気がします。

今日から新年の診療が始まりました。
東京は4月の気温並みに暖かいみたいで。
こぼれる日差しにも温かみを感じつつ
気を引き締め頑張ってまいります!

TENTEN

2018-01-09 14:45:20     未分類   -