FC2ブログ
痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
紫外線
紫外線対策というと
晴れた日だけ行えば良いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
実はそうではありません。
紫外線は晴れの日に限らず、曇りの日や雨の日にも降り注いでいます。

その量は晴れているときに比べると、
うす曇りのときで約80〜90%、曇りのときは約60%、
雨のときでも約30%と言われています。
また雲の間から太陽が出ているときは
直接光に雲からの散乱光が加わって
晴れの日以上に紫外線が強くなる場合もあるので注意しましょう。

紫外線は波長の長さによって3種類に分けられ、
波長が長い順に「UV-A(A波)」「UV-B(B波)」「UV-C(C波)」
と名付けられています。
その中で地上に届くのは、UV-AとUV-B。

もっとも波長が長いUV-Aには
雲やガラスを透過する性質があるので
屋外にいるときだけでなく日当たりの良い室内にいるときや、
車の運転をしているときなどにも注意が必要です。
UV-Aは、肌の奥の真皮にまで届き、シワ、たるみの原因になります。

一方UV-Bは波長が比較的短く、遮られやすいので
直射日光に当たらないようにすればある程度防げる紫外線です。
肌の表面にある表皮までしか届きませんが
日焼けをしたときに肌が赤くなったり
メラノサイトを刺激してシミやソバカスの原因になったりします。

紫外線の強さは時間帯や季節によっても変化します。
UV-Bは1日の中で午前10時から14時頃までが強くなります。
また季節変動が大きいので4月頃から徐々に強くなり始め、
5月〜8月頃にピークを迎えますが
11月から2月頃はピーク時の5〜6分の1程度にまで減ります。

それに対してUV-Aは
9時から14時頃が特に強くなりますが日の出とともに
かなりの量の紫外線量が届き日没まで強度の変化がそれほどありません。
また季節では4月から8月頃がピークですが
それ以外の月でも、ピーク時の2分の1程度は存在します。
UV-A対策のためには日の出てる時間帯は
通年を通して紫外線を予防するように心がけましょう。

TENTEN

2018-08-21 15:34:43     未分類   -  
歯周病
世界で最も患者数が多いとも言われる感染症。

それは「歯周病」

近年の研究で全身に影響を及ぼすことが分かってきました。

特に糖尿病とは密接な関係があり、歯周病がある人は
症状が良くならないばかりか悪化してしまう事も

さらに歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、
心臓病や脳梗塞のリスクを高めるという研究報告も
相次いでいます。

その細菌を顕微鏡で観察すると、粒状の物やヘビの
ようにクネクネ動くものなど様々なタイプが無数に
うごめいていました。

紀尾井町プラザクリニックは
歯周病菌の検査に顕微鏡検査を取り入れています。

皆様のお口の中にどんな歯周病菌がどれほどいるのかを検査するのは
歯周病のリスクがどれほどあるのかを確認するのにはとても大切な検査。

お口の中の細菌を見るのは勇気がいるかもしれません。

でも、これからやっつけてやるぞという
モチベーションを高めるのにはとても有効なツールです。

みなさま一度ご自分のお口の中を徹底的に検査してみてはいかがでしょうか。

TENTEN

2018-08-20 15:20:54     未分類   -  
くいしばり
たとえば朝起きて、あごが重かったり 疲れているような感じがしたり
していませんか?
あごがあけづらかったりも。

そんなときは
夜中、知らないうちに歯を食いしばっているかもしれません。

起きているときに
サッカーの試合などを見て
打ったシュートが枠を外れたりするときは
くいしばっているのも自覚できますが

寝ているときのくいしばりは 自分でもわからないもの。

わからないうちに
歯や顎に大きな負担をかけているかもしれません。

食いしばりはお口の大きなトラブルの原因となります。

歯が磨り減ったり
歯の根っこが割れてしまったり
あごが開きづらくなったり
色々なトラブルの原因となる
食いしばり

おかしいなと思ったら
一度御来院ください。

マウスピースを使った治療など
歯のために出来ることは
一日でも早く。

TENTEN

2018-08-18 12:23:40     未分類   -  
夏の疲れ
こんなときにふとやってくる。
夏の疲れ。

おいしいビールや
冷たいビール
冷え切ったビールなどを飲みすぎて

身体が冷えてしまっている方はいらっしゃいませんか?
ここにいます。

暑いからといって
身体が暑いかと思ったら大間違い。
冷たいもので内臓が冷えてしまっている状態かも。
内臓冷えは冷房冷えよりたちが悪い。

節電対策で
エアコンを消して
アイスを食べて・・・・・
と,夏は内臓冷えが多いとの情報も。

胃腸の冷えは下痢や便秘のトラブルを招く可能性がある。
また、腸にはウイルスや細菌から体を守る白血球の一種「リンパ球」が
全身の6~7割も存在しており腸の機能が低下すると
免疫力が低下してしまう。
免疫反応が過剰になり、花粉症やアレルギーなどを
引き起こすこともあるという。

血行が悪くなれば
肩こりや偏頭痛なども引き起こしやすいし
お肌ももちろん荒れてくる。

さあ、大変。


お風呂にゆっくり入るのも効き目はありそう。
生姜やにんにくなど
身体を温めるものを摂取するものあり。


どうぞ夏バテの後は秋バテなんてことのないように・・・

TENTEN

2018-08-17 11:18:02     未分類   -  
歯を失うこと
歯を失うということは
ただ、一本分のスペースに歯がなくなった

というただそれだけの事ではない。

もっとたくさんのものを失ってしまったということを
身をもって知ることになる。

たとえば屈託なく口をあけて笑っていたこと。

歯を失えば
そこのスペースに歯が動いていき
歯並びが変わってくる。

噛みづらくなったり
しゃべりづらくなったり

口の中にいつも不快な思いを感じてしまうのだ。

痛くもなく、不快でもなく
なんの憂いもなかった口の中が
途端に「いやな」感じになる。

頭痛に悩まされたり
肩こりが始まったりするかもしれない。

歯の健康は
そこだけでなく全身に影響を与えるものなのである。

お口の中のトラブルは
きちんと手入れしていれば防げるものばかりだ。

定期的なメンテナンス
早めの手入れ

この二つでおいしく 楽しく 笑顔で!

8月が半分終わってしまいました・・・

TENTEN

2018-08-16 15:29:45     未分類   -