痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
冷え顔
身体の冷えは気にする方でも、
顔の冷えに関しては、気にする事が少ないのではないでしょうか?
顔はいつも外気にさらされている為、
どうしても冷えやすくなってしまいますが
放っておくと肌へ悪影響を与えてしまいます。

「冷え顔」がどのような影響を与えるのか
具体的に見ていきましょう。

【むくみ】
顔が冷えることで、血行が悪くなり老廃物がうまく流れない為
むくみの原因となってしまいます。
さらに、顔を温めようと脂肪がつきやすくなり
顔が大きくなってしまいます!

【乾燥やシワ】
乾燥した外気にあたる事で、
顔の水分がどんどん蒸発してしまいます。
血流も悪くなるので、肌の皮脂や汗を作る機能も弱まり、
肌がカサカサの状態になります。
乾燥が進んでしまうと、シワの原因にもなってしまいます。

【シミやくすみ】
肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーが遅くなり、
余分な角質が溜まる事で、くすみに繋がります。
また、メラニン色素も蓄積しシミの原因ともなります。

【疲れ顔・クマ】
冷えが原因で血行が悪くなると、
顔がくすんで疲れたように見えてしまいます。
目の周りの血流も滞り、クマができる原因にも。


顔の冷えは肌へ様々な悪影響を与えるので、
きちんと対策を行いましょうね。

TENTEN

2018-02-20 14:52:23     未分類   -  
予防
歯が痛くなったり 歯茎が痛くなったり
ものがかめなくなったり
そういうのをなおしに行くのが歯医者さん。

・・・ふつうじゃん!

と思った方。
いやいやワタクシといたしましては
『治療を行わないために行くのが歯医者さん』
と、ぜひ覚えていただきたい!と声を大にしてお伝えしたいのです。

紀尾井町プラザクリニックは
もちろん最新の技術と豊富な経験でのインプラント治療 審美治療を
行っております。
治療前よりももっと輝く笑顔で
おいしくものが食べられて・・・
とご満足頂いた患者様はたくさんいらっしゃいます。

そういった方のありがとう は
何にも増してのご褒美だと思っています。
ですがそれと同じように、もしかしたらもっと大切にしたいのが
『予防』。

たとえ世界最高の技術でインプラントをしても
健康な自然の歯がいいのはもちろんの事。
虫歯になったら削ってかぶせる。
もっと深い虫歯なら歯を抜いてインプラント。
それよりももっといい事。

虫歯にならないように 歯周病にならないように
歯を抜かないように
予防。これに尽きると思います。

虫歯や歯周病の原因は『菌』。
これさえいなければ虫歯にも歯周病にもならないのです。
守備であり先手必勝の攻撃でもある
予防。
元から殺菌する治療。

詳しいお話、聞きに来ませんか?

TENTEN

2018-02-19 10:37:58     未分類   -  
くいしばり
朝起きた時に 頬のこわばりや顎の痛み
肩こり 頭痛など感じたことはありませんか?
あとは、下のふちに歯型がついていたり。

それは夜寝ているときに歯ぎしり くいしばりをしているのかも。
くいしばりは精神的な緊張や疲労などから起きるといわれていますが
かみ合わせの悪さなどからも起きることもあり
様々な因子が絡み合っているのです。

歯ぎしりくいしばりかも
と思ったら早めの受診をお勧めします。

マウスピースを夜寝るときに装着するのも
とても有効的です。

すっきりと目覚められない
なんだか頭痛がする
肩こりがひどい

などの場合は、一度かみ合わせをチェックしてみてはいかがでしょうか

明日はまた寒さが戻ってくるそうです・・・

TENTEN

2018-02-15 15:07:23     未分類   -  
PRGF
紀尾井町プラザクリニックでは
最新の再生医療として、
PRGFシステムによる成長因子の抽出と移植によって
歯槽骨や歯肉の再生を可能にしております。

成長因子とは、
組織の修復や再生の複雑なプロセスのカギとなるたんぱく質です。
PRGF Systemは豊富に成長因子を含んだ
血漿とフィブリンのみを獲得するために開発された世界最初のシステムです。

たとえば、抜歯した骨の欠損部にPRGFを入れることにより
短期間での骨を再生させ、従来再生困難だった大きな骨や歯肉の欠損をも再生を促します。

また、今まで骨を造るために
自分自身の他の部位から骨を採取したり
あるいは他の動物・ヒトの骨を使っていたこれらの手術において
PRGFを利用することにより
自分自身の血液採取のみで簡単で安全に行うことが出来るだけでなく
今までよりはるかに短期間に再生骨を獲得できるようになります。

不慮の事故や虫歯や歯周病。
歯をなくしてしまった人でも
もう一度おいしく噛んで食べられるのです・・・。

TENTEN

2018-02-10 14:24:40     未分類   -  
2月14日
日本に根づいたのは1970年代とか。

高度経済成長の終わりとともにチョコレート売上げは急増

“女性から親愛をこめて男性にチョコを贈る”
バレンタインデーが確立したそうです。
義理チョコやホワイトデーが登場してくるのは1980年代。
まだまだ歴史の浅いバレンタインデーですが
日本独自の文化は早くも根づいています。

義理チョコや友チョコ。
自分へのご褒美チョコに至っては何ぞや!になりますが
それが一番値の張るものだとか。
もう最初の目的はどうでもいい状態になっております。

なんでもチョコが売れればよし
おいしいチョコレートが食べられればよし。

歯医者にとってはやきもきの一日といってもよいのでしょうか。
どうか、甘いものを食べた後は
歯磨きを忘れずに・・・

どのお店もチョコ祭りでチョコ好きにはたまらん週間となっております。

TENTEN

2018-02-09 12:29:41     未分類   -