痛くない・怖くないインプラント紀尾井町プラザクリニック
ドクター・スタッフ無料相談インターネット予約地図・診療時間
お花生活
寒くて外に出るのもためらう季節ですね。
つい室内で過ごす時間が多くなりがちですが、
そんな時はお部屋のいたるところに
お花をちょこっと飾って春を先取りしませんか?
お花が1輪あるだけで軽やかな気分になりますよ。
いつも過ごす場所や、
目につくところにお花があるだけで爽やかな気分に浸れます。
また、お好きなマグカップや
使い道は考えてないけど素敵な瓶だから捨てないで取ってあった!
お気に入りの物を花瓶にしてお花を飾ればオシャレな雰囲気に。

お花にはリラックス効果やリフレッシュ効果があるのだそうです。
ソファーの前はお花を飾る絶好の場所です。
お仕事で疲れて帰ってきたらとりあえずソファーでゆっくり休みましょう♪

窓辺にお花を飾るのも華やかな気分になりますね♪
外から飾っているお花が見えるとお家に帰ってくるのが楽しみになります♡

普段お花を飾ることのないかたも、
ちょっとお花を飾ることによって
いつものお部屋の雰囲気がぐっと変わってきます。

寒い日はお花にかこまれたお部屋でゆっくり過ごされては
いかがでしょうか。

10_convert_20160702111310.jpg


TENTEN

2017-01-21 09:31:19     未分類   -  
口内除菌
歯を失う原因の41%は歯周病です。

口臭が気になりだしたらすでに歯周病の予備軍かもしれません。
口臭の原因のほとんど(約80%)は歯周病菌です。

歯周病菌や虫歯菌などは
バイオフィルムという強固な膜に覆われて外部から守られています。
歯磨きや洗口液、抗菌剤などは、バイオフィルムを浸透できず
歯周病菌や虫歯菌を除去することができないのです。


当院で扱っておりますMeDeS®は
イオン化された成分により分子量が小さいため
バイオフィルム内へ浸透することができ、
歯周病菌・虫歯菌を効果的に除菌することがわかっています。

DSC_0383_1_convert_20161217091708.jpg


MeDeS®口内除菌プログラムの目的は、
歯周病菌・虫歯菌などの悪玉菌を除菌することによって、
口内細菌叢のバランスを整えることです。
またオーラルドックにより
細菌叢バランスや歯周病・虫歯・口臭のリスクなど、
ご自身の口腔内の状況が
明確に把握できるというのも大きな特徴の一つです。


せっかくお顔や身体のケアを怠らず、キレイに保っているのに
お口の中が病気ではもったいないです。

一度定期検診をかねてお話を聞きにいらしてください。




TENTEN



2017-01-20 11:26:46     未分類   -  
極上
溢れんばかりの情報が町に溢れ
何でも知った気になってしまう今の時代

総批評家時代。

そして、ふとした瞬間も携帯が鳴り響き

気づけばツイッターやフェイスブックを眺め
誰かの動向が気になって仕方が無い。

いいね!の数で人の豊かさは測れない。
統計によると、SNSの友達の多い人ほど
実生活でさみしさを感じる度合いが多いとかなんだとか。

すき間すき間が情報でどんどん満たされていく。

自分で制御しないと遠いかなたまで
どこまでも流されていってしまう。

どこまでが自分の時間なのか。
それは、何物でもない自分自身で決めること。

そんなあらゆるシゲキに翻弄される

あなたの憩いの時間が
まさか、歯医者にあるとは思いもよらないに違いない。

痛いだろう 苦しいだろうは昔の話。

定期的な歯のクリーニングはまるでサロンに来ているかのよう

お肌のリセットのエステサロンの極上の時間はご存知だろうが
それと匹敵するくらいの快適さ。

じっくりと時間をかけ
隅々までお口の中をきれいにして
身も心もリフレッシュ

そして、輝く笑顔はあなたのものに。

これからの道
笑顔のいいね!の数を決めるのはあなた自身。

確かな技術で皆様をお待ちしております・・・・

TENTEN

2017-01-19 10:35:08     未分類   -  
唇の老化
空気が乾燥すると、途端にカサつき出す唇。
口紅がうまくのらなくなるので気分も下がるし
何より荒れた唇は見た目にも悪影響を及ぼします。
しかも乾燥したままにしておくと、
老化を促進させてしまうので注意が必要です。

唇を老けさせる4つのNG行動とは?


1、乾燥
唇は、肌以上にデリケート。
そのためダメージが受けやすいので注意が必要です。
何より角質層が薄い唇は空気の乾燥をダイレクトに受けるので、
冬はこまめな保湿ケアを行う必要があります。

2、紫外線
唇の赤色は、角質層が薄いため
すぐ下に流れている毛細血管が見えているから。
唇が紫外線の影響を受けると真皮のコラーゲンが破壊されて、
しわやくすみを引き起してしまいます。
ちなみに唇にはメラニン色素を生成するメラノサイトという細胞がほとんどなく、
とても無防備。日に焼けて荒れてしまうのです。

3、唇をなめる、皮をむく
唇がカサついていると、ついついなめて湿らせようとしてしまいます。
が、これは唇の水分が蒸発する際に
もともとあった水分まで奪われて乾燥を悪化させてしまうので絶対にやめましょう。
また皮をむくという行為も状況を悪化させるだけです。
より無防備になってダメージを受けやすくなってしまうので気をつけましょう。

4、1日何回もリップクリームを塗る
唇もターンオーバーをしています。
が、1日にリップクリームを何度も塗るという行為は、
このターンオーバーを阻害していることになります
(唇自身が潤うとしている行為、本来の力を阻害)
1日5回程度にしておきましょう。

私、だいぶ当てはまっています・・・(-_-;)
気づけば唇の皮を剥いていたり
しょっちゅうリップ塗ったり・・・

今夜は唇パックでもしようかな♪

TENTEN

2017-01-17 10:19:25     未分類   -  
歯も定期健診
大切なものは目に見えない・・・
と言ったのは星の王子さまです。

でも、見ようとしていないと見えないけれど、
本当は目に見えるものだったり

見えているのに見えてないふりをしたり

そんなこともたくさんあるでしょう。

何となく歯が浮いたような気がするな
とか
何となく物をかんだ時に痛いような感じがする

と思っていても
気のせいに違いないとか
疲れているからだな

そこから目をそらしてはいませんか?

それはきっと気のせいではありません。

虫歯や歯周病

特に歯周病などは初期のうちには症状はありません。

気づいた時にはかなり進行している
ということも無きにしも非ず。

健康診断は毎年受けているけれど
歯医者さんには久しく行ってないな
という方
いらっしゃいませんか?

歯は定期的な健診で大掛かりな治療にならずに済むのです。

歯医者さんが嫌いな人こそ
歯医者さんに行って定期検診とクリーニングを。

嫌な治療はもうこりごりな人こそお越しくださいませ・・

都心でも降雪かもしれないという今週末。
体調にはくれぐれもご注意くださいね。

TENTEN

2017-01-14 09:24:06     未分類   -  
くいしばり

朝起きた時に 頬のこわばりや顎の痛み
肩こり 頭痛など感じたことはありませんか?

あとは、下のふちに歯型がついていたり。

それは夜寝ているときに歯ぎしり くいしばりをしているのかも。

くいしばりは精神的な緊張や疲労などから起きるといわれていますが
かみ合わせの悪さなどからも起きることもあり

様々な因子が絡み合っているのです。

歯ぎしりくいしばりかも
と思ったら早めの受診をお勧めします。

マウスピースを夜寝るときに装着するのも
とても有効的です。

すっきりと目覚められない
なんだか頭痛がする
肩こりがひどい

などの場合は一度かみ合わせをチェックしてみてはいかがでしょうか。

週末は都心でも雪がちらつくかもとの事。
寒さが身に染みる休日となりそうです・・・。

14_convert_20170113093503.jpg

TENTEN

2017-01-13 09:30:08     未分類   -  
ハミガキ
歯を磨くことと
お肌を洗うこと


別々に考えがちだけど

両方とも同じこと。

肌を力を入れてごしごし洗ったり
強くこすったりしたら

シワ などの原因になることは
ご存知ですよね。



だって、力を入れてごしごし洗ってはいけません。

歯が削れてしまったり
歯ぐきに傷がついてしまったり

トラブルの大きな原因となることも。

歯ブラシの

『先』
で優しくマッサージ

が基本。

力を入れたら
歯ブラシの毛の

『腹』

の部分が当たってしまうことはお分かりですよね。
それではキレイに汚れは落ちないし、力の入れすぎで
歯茎に傷がついてしまうかも。

あくまでも、
優しく毛先でマッサージ

くらいの気持ちがヨロシイのです。

あまり柔らかい毛だと
つい力を入れてしまいがち。
適度の硬さが必要です。

どんなの使ったらいいのかしら?

なんてお悩みでしたら
一度スタッフにお聞きください。

お勧めのブラシをご紹介いたします。

DSC_1597_1_convert_20170112101216.jpg


そして、1ヶ月に一度は交換・・・・

TENTEN

2017-01-12 10:09:23     未分類   -  
静脈内鎮静法
今は仕事が忙しいから、
とか
苦手だし、めんどくさいし、
まだいたくないし・・・

何より怖いし・・・・・

歯医者さんに行きたくない理由は
星の数ほどあると思います。

でも、残念ながら
行かなければ行かないほど

お口の中の状態は悪くなるばかり。

音がいや!振動がいや!
ずっと口あけているのが苦痛!

そりゃそうです。わかります。

もちろん治療内容も
昔に比べて大きく進歩しているし
麻酔に対する方法も
痛みに対して昔より 
かなり繊細に扱っていると思います。

けれども、昔の記憶がよみがえってどうしても歯医者さんに足が向かない。

そんな方は
静脈内鎮静法を利用してみてはいかがでしょうか?

静脈内鎮静法とは 
ウトウト眠っている間に歯の治療をしてしまう方法です。

点滴で気分を楽にする薬を使用し
不安や恐怖心を和らげる方法です。

安定した鎮静状態が得られることや、健忘効果があるなどの利点があります。

静脈内鎮静法を利用することにより
不安、恐怖心が薄れて、リラックスした状態で治療が受けられます。
眠っている間に診療が終わってしまうのです。

鎮静法は、点滴でお薬を入れながら
専門の麻酔医がモニターを常時監視し全身管理のもと治療を行います。

DSC_0223_1_convert_20170110152430.jpg

お問い合わせはお気軽に

0120-850-118

TENTEN

2017-01-10 15:24:58     未分類   -  
明けました
新年明けましておめでとうございます。

今年も紀尾井町プラザクリニックは
皆様にご満足いただける施術を目指し
院長と共にスタッフ一同精進してまいります。

何卒宜しくお願い申し上げます。

登る朝日は同じだよと思いつつも
やはり1日の朝日を見ると
心ときめきます。

とても穏やかなお正月で
寒さを感じることもなく
いつまでも昇る朝日を見ていました。

明るい方を向く
というのは
とても正しいことのような気がします。

今日から新年の診療が始まりました。
朝出勤したら受付にこんな素敵なお花が飾ってありました。

image2_convert_20170107121538.jpg

待合室から入り込む光が花瓶に当たって散らばる様がなんとも綺麗です。

image1_convert_20170107121553.jpg


珍しく寝正月だった私は
制服もきつく張り切っております!

TENTEN

2017-01-07 09:59:03     未分類   -  
今年も有難うございました。
医療は日進月歩。

今日の治療が瞬く間に陳腐となることさえ
まれではありません。

私たちは
患者様のために
努力を忘れず
新しい技術も積極的に吸収し
よりご満足いただける治療を目指し続けてまいります。

皆様の笑顔とありがとうというお言葉をたくさんいただいて
今年も無事最終診療日を迎えることが出来ました。

今年一年間 本当にありがとうございました。


皆様が笑顔あふれる素敵な新年をお迎えくださいますよう
心よりお祈りいたします。

ワタシ、この冬休みが風邪を治すだけで終わりそうです。。。。

関節痛ぃ・・・・

TENTEN

2016-12-30 15:17:45     未分類   -